不登校の子どもの親の会

不登校の会でした。

あちこちで聴きます。
子どもが不登校だった。
今、不登校なんだ。
行き渋りなんだ。
とそれぞれの子育てのことではいろいろあります。
親の立場では、すごーく苦しかったとかこのままずっと出られないのかな、学校とは無縁になっちゃうのかな?なんてひどく悲観することもあります。

コミュニケーションを交わしながら関係回復に向けて。

相談に来られるのはだいたいがお母さん、時には、お父さん、両親で来られることも、どちらにしてもありがたいこと、お子さんを愛していらっしゃるのよね。
「不登校になってどう接したらよいのか、学校の力も借りたいのだが…」と
もちろん、学校の先生へ関わり方やコミュニケーションの仕方等をお話させていただくこともあります。
時には、学校の先生がその子のためにいらっしゃる時もあります。
ありがたいですね、生徒想いの先生にはとっても感心します。

大人が支援できるようになると結構早く不登校からの結果は得られます。
子どもその者の存在が見えてきて、現れてきて自分を獲得しながら動けるようになるその姿には喜びしかありません。

本当は学校へ行きたい!

あれだけ心を閉ざしていた子どもの心、大人や周りの人がコミュニケーションをしていくと関係が良くなり、先が少しずつ明るくなり自信にもなっていく姿に存在を少しずつ現し学校へは行けるようになります。
「本当に不登校だったの?」と思うくらいに自分という存在を取り戻します。

「学校へ存在を置くことに」

居場所がない。
そうなんです、居場所を失うんです。
心の居場所、心をどうしたら…と存在を無くしていたことが先生や親が支援者となって関係を回復したら自然と学校へ居場所が明らかになります。
心の居場所が明らかになります。
誰でも「存在」をわかってほしい。
小さな存在も大切にしてほしいです。

KIMG2789.jpg
小さくっても存在感
*--------*-------*--------*--------*
野口房子
所沢市小手指のカウンセリングルーム心愛
https://roomcocoa.web.fc2.com/
*--------*-------*--------*--------*

コメント

非公開コメント

プロフィール

カウンセリングルーム心愛

野口 房子(のぐち ふさこ)


家族相談士 心理カウンセラー
保育カウンセラー ファシリテーター
保育士 幼稚園教諭 
埼玉県家庭教育アドバイザー
はぐはぐコミュニケーション=育育コミュニケーション
(商標登録第5522678号)

*--------*-------*--------*--------*
野口房子
所沢市小手指のカウンセリングルーム心愛
https://roomcocoa.web.fc2.com/
*--------*-------*--------*--------*