子どもとの関係「ほめてますか?」

今年度の子育て「家庭教育講座」では

マルトリートマント(不適切な養育)に関してDV、虐待、脳の傷のことからコミュニケーションでの関わりのことをお話ししました。

・関係を悪くする関わり・

その時はどんな言葉を投げかけているんだろう。
その言葉を投げかけている時はどんな感情や気持ちになっているのだろう。
投げかけた言葉を言われた側はどんな気持ちになり感情としてはどうなんだろう。
その関係性を、その言葉をし続けていたら…

・関係を良くする、関係を回復できる関わり・

どんな言葉をかけたら良いのだろう。
どんな言葉をかけられたら…
その言葉をかけられたら気持ちや感情はどう変わるか、かけられた側と発している側の気持ちと感情を感じて。
その関係性を、その言葉をかけ続けていたら…

否定的な言葉と肯定的な言葉をそれぞれ出し合い発してみて
その時に感じる気持ちや感情をそれぞれ体感することをしました。

・自尊心・

自尊感情にかかわることを、子どもの様子から子どもの良いところを見つけて伝えることによって自尊心を保とう。
子どもの良いところを認める、ほめることを日常出来ると良いです。
その為にも毎日の気づきと訓練が大事で少しの意識からはじめられると良いです。

・ほめる・

子どもをほめるのに自分の感情が否定的だとなかなか難しい。
お母さん自身の感情を気分良く肯定的にするのには自分のしたことや感じたことを気づいてほめる。
プラスの言葉、肯定的な言葉をたくさん探して見つける。
お母さん自身が自分を認めてほめることをしたら子どもへの認めることやほめることは楽しくできる。

・なごみワーク・

それぞれの参加者同士がお互いをほめ合うことをしました。

・参加のお母さんたちの声・

否定的な言葉が日常多いかな。
肯定的な言葉をもっと知って使って子どもにかかわりたい、伝えたい。
ほめる言葉や認める言葉をたくさん言ったら身体が温かくなった。
自分をほめるとか認めるということはとっても照れて…でも気分良くなるのでしてみたい。
なごみワークって何するんだろうと思ったけど
 たくさんほめられてほめてみてすごーくうれしかった。

・私の気持ち・

笑いがたくさん、ほっこり笑顔になって私もうれしかったです。
マイナスの否定語やプラスの肯定語を出し合う時に積極的に手をあげて「これかな?」「これも当てはまるかな」
とそれぞれに話してくださって本当にありがたかったです。
素敵なお母さんたちとのお話会や講座は良き思い出になります。
参加していた先生方も良かったです、ありがとうございました。
「先生がたくさんほめてくれる」「この言葉、先生からたくさん聞ける」と参加のお母さんたちからのその言葉で先生の笑顔から「良く言うのはみんな天才!」かなと、お母さんたちと先生のやり取りがまたまたうれしかったです。
素晴らしく良い保育、子どもへの関わる姿を思うとこの先生と子どもたちまた保護者の方たちのコラボは「とっても素敵」「素直な素敵な心」子どもたちも幸せですね。

KIMG0481.jpg
 心温かく

*--------*-------*--------*--------*
野口房子
所沢市小手指のカウンセリングルーム心愛
https://roomcocoa.web.fc2.com/
*--------*-------*--------*--------*

コメント

非公開コメント

プロフィール

カウンセリングルーム心愛

野口 房子(のぐち ふさこ)


家族相談士 心理カウンセラー
保育カウンセラー ファシリテーター
保育士 幼稚園教諭 
埼玉県家庭教育アドバイザー
はぐはぐコミュニケーション=育育コミュニケーション
(商標登録第5522678号)

*--------*-------*--------*--------*
野口房子
所沢市小手指のカウンセリングルーム心愛
https://roomcocoa.web.fc2.com/
*--------*-------*--------*--------*