チョコレートの思い出

一足先にバレンタインデーのお祝いに。
赤彩をメインにした、たくさんのハート模様の壁掛けや飾りが素晴らしく可愛くうれしい気持ちに。
サプライズでしたのでよりその感動は何とも言えず、参加者は子どものようにはしゃぎながらお茶とケーキと楽しみました。
チョコレートといえば、お子さんが小さい頃いくつの時から食べさせてましたか、我が家では、私はちょっと厳しい母でしたのでしっかり年齢を考え三歳までは、いや四歳までは食べさせたくないと考えていました。
虫歯のことやおやつの偏りなどを考えてのことだったと思います。
その時期に、近所の家にお邪魔しておやつの時にどうぞと渡されたチョコレートをお断りしていた娘の姿に我慢強さと親の言うことをよく聞いてと感心した時がありました。
今思うと、それは私が子どもから見える空間にいたからだったのですね。
またその後のある日、近所のお家に子どもだけお邪魔しおやつをいただいた時に、そのお宅の大人数の兄弟たちの中でみんなと一緒になんとチョコレートをうれしそうに食べていたと聞いて「チョコレート好きだったんですね」の言葉にショックでした。
考え直しも大事、こだわることはないかなと思い反省でした。
おやつにお出かけの時にチョコレートの登場。
初めての時は子どもの不思議な顔、食べていいのとそーっと食べ始めたら少しずつうれしそうな幸せそうな笑顔になって、ほっとする私の気持ちがありました。
子どももほっとしたのでしょうね。
この子の大好きは大人になった今でもチョコレートが大好きです。
欲求はや願望は満たすものです。
厳しくなりすぎず、甘くなりすぎず「ほどほど」が大事ですね。
KIMG0502.jpg

Happy chocolate

*--------*-------*--------*--------*
野口房子
所沢市小手指のカウンセリングルーム心愛
https://roomcocoa.web.fc2.com/
*--------*-------*--------*--------*

コメント

非公開コメント

プロフィール

カウンセリングルーム心愛

野口 房子(のぐち ふさこ)


家族相談士 心理カウンセラー
保育カウンセラー ファシリテーター
保育士 幼稚園教諭 
埼玉県家庭教育アドバイザー
はぐはぐコミュニケーション=育育コミュニケーション
(商標登録第5522678号)

*--------*-------*--------*--------*
野口房子
所沢市小手指のカウンセリングルーム心愛
https://roomcocoa.web.fc2.com/
*--------*-------*--------*--------*